工事用・産業用モノレールの設計・製造・販売・リース・施工

サイトマップ お問い合せ 内田産業株式会社 トップページ
安心安全の環境作り

安心安全の環境作り

▼HOME安全安心の環境作り > 『安全・安心』なモノレール使用にあたり

急傾斜地では「安全・安心」なUTIDAモノレール

『安全・安心』なモノレール使用にあたり

【法律などの規制は】

  • 農業用小型モノレール事故多発により昭和51年、 国は「安全鑑定規格」を制定、合格モノレールのみ販売・リースに規制され、それ以降事故の減少となる。

    最大積載量 200kg/傾斜45°登坂分速30m以上・降坂分速51m以下

    上記規格を満足する搭載機関定格馬力は最低「3.0馬力」 以上が必要となる。

  • 急峻山岳人工林通勤用中型モノレールの安全規格が無かった為、平成8年4月23日労働基準局長通知第261号「林業用単軌条運搬機安全管理要綱」にて、強度・設置使用等について基準が定められた。

  • 平成13年3月30日、12林整整第642号林野庁長官通知により「単線軌道の構造に関する基本的事項」を定め、単線軌道の構造は「林業用単軌条運搬機安全管理要綱」の規定を準用する。